プロフィール

長尾 誠夫(ナガオ セイオ)

愛媛県伊予市生まれ。
東京学芸大学卒後、都立高校の国語教諭となり、授業の傍ら小説を執筆。「源氏物語人殺し絵巻」第4回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞し作家デビュー。
「早池峰山の異人」で第45回推理作家協会賞短編部門候補となる。日本推理作家協会会員。著書に「邪馬台国殺人考」(文藝春秋)、「黄泉国の皇子」(祥伝社)、「子規と漱石のプレイボール」(ぴあ)、「鬼譚〜闇のホムンクルス〜」(朝日メディアインターナショナル)などがある。

著書一覧

写真をクリックすると、各作品の紹介ページをご覧いただけます。